マンションを購入するときには、少なくともマンションの価格の2割以上の「頭金」が必要です。

住宅ローンを貸し出す多くの金融機関が、融資割合を住宅価格の8割程度としているから。

もちろん金融機関によってはそれを超えて貸し出すケースがありますが、なるべく頭金を増やしてローンの負担を少なくするほうが得なのは明白です。

5,000万円のマンションを購入するときには、1,000万円以上の頭金をなんとかすることになります。