suumo_header2.jpg

住宅ローン 一覧

マンションを購入するときには、少なくともマンションの価格の2割以上の「頭金」が必要です。

住宅ローンを貸し出す多くの金融機関が、融資割合を住宅価格の8割程度としているから。

もちろん金融機関によってはそれを超えて貸し出すケースがありますが、なるべく頭金を増やしてローンの負担を少なくするほうが得なのは明白です。

5,000万円のマンションを購入するときには、1,000万円以上の頭金をなんとかすることになります。

マンション購入時に要るお金は頭金だけではありません。

予備費ともいえるいろいろな現金が必要です。

火災保険や地震保険などの保険料、住まいの取得に伴ってかかってくる登録免許税や不動産取得税などの税金、住宅ローンを借りるときの手数料などに充てるお金です。


この予備費の目安は、一般に新築住宅を購入する場合は住宅価格の3%〜5%程度、中古住宅を購入する場合は5%〜10%程度といわれます。

ほかにもかかるお金があります。

引っ越し費用や、新居の家具や調度品購入費。
いままで使っていたものはサイズも見た目も新居にそぐわない場合が多いでしょう。

買い換の場合は仮住まいのためいったん賃貸住宅を借りることもあり、そうなれば賃貸料が必要になります。

結局、予備費分は頭金とは別にマンション価格の1割程度を見積もっておくべきでしょう。

かなり大きな金額となるはずです。。。

頭金なしでマイホームは無謀でしょうか?
(ヤフー知恵袋より)
夫28歳、妻27歳、子供2歳、今年2人目出産予定の家族です。主人が転職して転勤がなくなったので、マイホーム購入を本格的に考えようと思っています。

結婚して3年、出産を機に私が退職したため現在は夫だけの収入で月25万、ボーナス100万ほどです。度重なる引越しや車の購入で貯金はほとんどありません。車のローンがあと4年ほど残っています。(残100万ほどです)

現在月7万もする家賃を払っていて、もったいないので早くマイホームを買いたいと思っているのですが、頭金なしでの購入は無謀でしょうか?予算は土地プラス家で2500万前後で4LDKで考えて探そうと思っています。
現在は妊娠中で働いていませんが、産後1年ほど経ったら正社員で再就職を考えています。
それぞれだとは思いますが、頭金はどれくらい貯めてから家を購入するのがよいのでしょうか?高い家賃を捨て続けるのを考えるとなるべく若いうちに購入して早く返済を終えた方がラクだと考えるのは甘いでしょうか?まだ、検討し始めたばかりで無知なところが多いですが、ご意見お聞かせください。

回答1

お子さんの経費、教育費を視野に入れていますか?

保育料はタダではありません。就学前のお子さんですと、保育園でも軽く月3万以上かかりますし、お子さんがいて働くと、今ほど時間はとれませんので外食やお惣菜も多くなります。
小学校に上がっても、学童などに預けるとそれなりにお金がかかります。

賃貸は払えなくなったら最悪でも少し安いところに移るとか、それなりの対処法がありますが、家を買うというのは、月々7万つづ借りているわけではなく、ローンが下りた時点でいきなり2500万円の借金を負うわけです。
当然、払えなくなったら残額が借金になります。

貯金がないのと借金があるのでは、大きな違いです。

住宅ローンの場合は、返済開始後8~10年くらいは利子しか払っていない計算になるはず。
それだけの金利を払うなら、毎月10万返したつもりで、7万家賃を払って3万貯めたらどうですか?
そして、毎回ボーナスを半分貯蓄にまわす。

これで3年もすれば300万くらい貯まるでしょう。
3年経つと、お子さんの状況も確定してくると思います。

「30歳を目処にマイホームを買うぞ!」計画はいかが?

回答2

引越し費用と諸経費200万くらいだけは現金が必要です。 最低限、これだけは貯めてから検討してください。 また、子供がいての再就職は非常に厳しいです。 保育所入所もかなり難しい地域も多いのです。 職があるのか、月にあなたがどれくらい稼げるのか、保育園入所可能か、 保育料はどれくらいか、ということを先に考えてプランを立てたほうが良いです。   

 



怖いことはたくさんありますが、人生において「よし動こう!」と夫婦そろってアクティブな気持ちになるタイミングはそう多くありません。

無理な条件でもやってみたらなんとかなった。

とても苦労したが、やっぱり買ってよかった。

など、成功例は多いです。

よくよく考えて、チャンスだと感じたら実際に動き始めることです。


回答3


なんとかなる・・・
うちも頭金ナシで購入しました。
もちろん、私(妻)は働かなければならず・・・
でも、なんとかなるものです。

マンションを購入しようかどうか迷っている方へ。
同じことを考えている方もたくさんいます。

ヤフー知恵袋のQ&Aを参考にしてください。

◆ マンションを購入しようかどうかで迷っています。
年齢は31歳、妻と子供2人の4人家族。 年収は300万円程度あり、民間金融機関からの借入れやローンはありません。
現在は月7万円の家賃を支払って生活しています。

該当の物件価格は2500万円、頭金なし、ボーナス払い年間20万円で、月7万5000円の35年払いを不動産屋から勧められています。
購入に当たっての諸費用は支払い可能ですが、住宅ローン審査に通るかどうか分かりませんし、
年収から言って、住宅ローン控除も期待できないと思ってます。
固定資産税や修繕積立金等もあり、35年間の支払いに不安もあります。

良いアドバイスがあれば、お願いします。

回答1

年収300万でそのローンはきついのではないでしょうか。 2500万も借りたら年収の8倍です。 まともな金融機関なら審査は通らないと思いますよ。 健全なローン借り入れは年収の5倍程度まで。

マンションの場合はローン支払い以外にも管理費や修繕積立金や固定資産税がかかりますし、車を所有していれば駐車場代もあるかもしれません。
年収300万なら手取りで約250万。
生活するだけで預金する余裕はないのではないですか?

不動産屋さんが提示しているローンは変動金利か2年固定くらいの短期固定ではないですか?
これなら金利が上昇したらローン支払額も増えますよ。
最初は7万5000円の支払いでも金利上昇でローン金額が9万10万になったら払っていけますか?

この年収で無理なくローン組むなら年収の5倍でもきついかも。安全圏は4倍程度1200万くらいまで。2500万は無謀です。
ボーナス払いはボーナス支給がなくなったり減額になることもありえますのでお勧めしません。

どうしても買いたいなら夫婦正社員で共働きし収入合算でと言うなら可能です。
そうなればローン完済まで共働きでいかなければなりません。
年収600万程度あるならこのくらいのローンが組めると思います。


回答2


マンション購入+年収7倍以上のローン

この2点を考えるだけでも、審査が通る以前に返済が無理だと思うので、購入は見合わせる方がいいでしょう。
せめて銀行ローンの借入額が1200万以下になるようにした方がいいでしょう。

>頭金なし、ボーナス払い年間20万円で、月7万5000円の35年払いを不動産屋から勧められています
返済方法をよく確認しましょう。変動や当初○年の優遇金利を選択していると思います。
あなたの場合、少しでも金利が上がったら返済がアウトになるのではないでしょうか?
しかもマンションの場合はこれに管理費、修繕費、駐車代などの費用も毎月発生するのでは?

返済計画を立てる場合は、どんな返済方法にするにせよ、35年3%で支払える余裕がなければ返済が非常にしんどくなる。
この場合だと毎月9.6万になります。これに管理費、修繕費、駐車場代を加えて、毎月生活できるかどうかをもう一度検討しましょう。

新築マンションを購入するのに多くの人が利用する住宅ローン

基本的なことを押さえておきましょう。


住宅ローンの基本を押さえる


住宅ローンの返済額は借り入れ金額と返済期間、そして金利によって決まります。

目安としてはマンションの価格の8割程度。

返済期間は35年くらいが一般的で、
長くすれば毎月の返済額は少なくなり、逆にトータルの返済額は増えます。


金利は固定型と変動型の大きく2タイプ。
変動型も半年ごとの見直しだったり、10年ごとの見直しだったりで、
固定期間が長くなるほど、固定型と変動型の中間的な位置づけになります。


民間ローン


銀行などが扱う民間ローン
購入物件の担保価値や借りる人の返済能力を元に融資額が決まります。

借りるときの団体信用生命保険料はかからないことが多いです。
(団体信用生命保険料:借りた人が死亡した場合に保険金でローンを完済するしくみ。
遺族が返済をかぶらなくていいようにするための保険です)


フラット35


フラット35は住宅金融支援機構と民間の提携で運営されています。
金利は完全固定。
申し込み時の年齢が70歳未満で安定収入があればだれでも借りれます。
対象になる住宅には、購入価格1億円以下、床面積30㎡以上など、条件があります。

さらに条件を満たせば当初金利が引き下げられる「フラット35s」が利用できて、お得です。

条件は
● バリアフリー
● 省エネルギー
● 耐震性
● 耐久性
など。

住宅ローンシミュレーションをしてみる

あなたが買える物件価格やローン返済プラン、将来の家計が簡単にわかります。 とても使いやすいツールなのでまずは試してみてください。
住宅ローンシミュレーション

このページの上部へ